SENSE OF FLORA

左脳派理系女子が綴る 人 と 動物 の セルフ・ヒーリング・セラピー

二人して、歯のメンテナンスデー

半年に1回の歯医者さん通い、たまたまリスケせざるをえなくなって変えてもらった日に、ハルも無麻酔歯石除去をすることに。

以前、近所の動物病院でしてもらった時は、正直、私の目で見ても歯石が残っていて、ハルの場合、口もかなり小さいし、ガウガウしてしまって難しかったのかなと思いつつ、定期的に診てもらえるところがないかなと思っていたところ、たまたま会社の同僚の方に見せてもらった名刺ファイルに「無麻酔歯石除去」という言葉を発見👀

さらに住所をみるとものすごく近所(徒歩圏内)だったため、速攻予約してたのが同じ日に。

基本的に、人間好きなハルとはいえ、初めてのサロン、しかもお口を触ってもらわないといけない。。。大丈夫かなと思いつつ、私が過敏になっていてはイカンイカンと言い聞かせて訪問。

玄関を入ったところから、ハイテンションなハルを優しく、そしてきっちり受け止めてくださるオーナーの難波里佳さん。1つ1つとても丁寧に手順を説明してくださるので、もしかすると実はハルよりもちょっと不安だったかもしれない飼い主もとても安心感をいただきました。(そういえば、動物病院では手順の説明もなく、ただ預けるしかなかったので)

今回、ハルは背中から抱っこするようなスタイルで行っていただきました。
私が席を外してからは、ガウガウすることもなく身を預けてくれたとのこと(ホッ)

歯の裏側まできっちり歯石を取っていただいて歯もピッカピカに✨

取れた歯石も見せていただき、before/afterの写真も見せていただいたり、歯磨きのコツやおすすめの歯ブラシ、お食事の事など、これまた丁寧にいろんなことを教えていただき大感謝。何よりもハルへの負担が少なく、飼い主にとっても安心してお願いすることができました。

ハル、明日から一緒に歯磨き頑張ろうね💗

以下の写真は備忘録として。(私の歯の写真は載せられないけど笑)

【BEFORE】

f:id:sense_of_flora:20171209213118j:plain

除去前(前歯)

f:id:sense_of_flora:20171209213150j:plain

除去前(犬歯)

【AFTER】

f:id:sense_of_flora:20171209213207j:plain

除去後(前歯)

f:id:sense_of_flora:20171209213647j:plain

☝️無麻酔歯石除去を検討されてる方がいらっしゃれば、ぜひLilly's Dog Careさんへ行ってみてください。こちら以外に、戸越銀座や田園調布などのカフェに出張なさったり、軽井沢にもサロンをお持ちとのこと。

直ぐ出る結果や即効性を追い求めがちになるのは「自分で作ってる自分への縛り」

一度習ったものの、そのままになっていて、忘却の彼方の彼方になりかけていた「ボディトークアクセス」。改めて復習させてもらう機会に誘ってもらい、はなさんのところへ行ってきました。

「あ!また美味しいおむすびにありつける!」なんていう不届きな軽い気持ちから参加を決めたのが、運悪く(運良く?)数日前からかなりの腰痛・腰重のギックリ腰予備軍のような状態に突入。

「い、行けるかなぁ」と思いつつ「椅子に座ってさせてください」とはなさんに連絡すると「そんなときこそ、ファーストエイドだよ!」との返信に、内心(あ、やべぇ、ファーストエイド習ったけど、何をどんな順番でやるんだっけ、、、)。

お邪魔させてもらってお茶をいただき、このまままったりモードもいいかなと思ったのも束の間「さ、始めましょう」とはなさんのシャキシャキモードのスイッチON。

ファーストエイドあたりでは、なんとか彼方から呼び戻せた記憶も、その先に進むとすっかり抜け落ちていて、テキストを見つつも「えっとえっと、これは身体のどの部分でしたっけ、あれあれあれ?!」みたいな私たちに、丁寧に1つずつステップを確認しながら進めてもらったおかげで、すっかり予定していた時間をオーバー💦

なんとか一通り復習したところで、美味しくて身体にとっても優しいランチをいただくことに。どれもこれもはなさんの慈しみのこもったお料理、美味しくないわけがありません。お友達も私も思わずパクパクが止まらなくなって完食。

f:id:sense_of_flora:20171203195218j:plain

f:id:sense_of_flora:20171203195237j:plain

ともすれば、何かに参加したり、何かをやること自体に満足してしまいがちなのは、直ぐに見える結果や即効性を追い求めがちな時間に対する自分への縛りの裏返しでもあるのです。

やってみることももちろん大切だけど、やってみた後にどうだったかを振り返ったり、ある程度の期間向き合ってやり続けてみないと見えてこないものがあり、それらを見てみようと思わせてもらう貴重なひとときになりました。

誘ってくれた友達と、不肖の生徒たちに「今晩から3週間続けてください」と優しくきっぱり背中押ししてくださるはなさんに心からありがとうございます。

ここで続けないとまたまた忘却の彼方に飛んでってしまうので、まずは3日間続けるところからスタートします!

「動機」を知ることが、実現の鍵

REIKIヒーリングをしてもらった後、
選んでもらったオラクルカードがドンピシャでした。

出てきたのは、この「WHY」のカード

f:id:sense_of_flora:20171126162414j:plain

以下は、説明文の抜粋:

 あなたはなぜそのような質問をしているのか、
 なぜこの答えを探しているのか、
 なぜこのように行動するのか、
 そして最も大切な、なぜこの選択をしているのかについて
 明確にするよう求めています。
 動機を知ることが実現の鍵となります。

自分に選択権がないことで、
なかなか決まらなかったり、状況がなかなか動かない時、
どうなるんだろうとやきもきしたり、
自分が想定していた方向に進まなかったら、
もう人生終わりみたいに勝手に思い込んでいたり、
なんてこと、経験したことないですか?

ウダウダとあーでもないこーでもないと
決まる前から悩んでいても仕方ない、
受け身でいるぐらいなら、自分で決めて自分が動こうと思い、
動き始めた矢先での、このメッセージ f^_^;)

ふと、これって私が望んで動き出したことなんだったっけ、
そもそも、なぜその選択をしようって思ったのだろうという思いが
チラチラっよぎってところへのこのカード!

自分の動機を確認することで、もっと前に進みやすくなるんですね、ハイ、
現在、動機を絶賛確認中(笑)

REIKIしてもらうことで、
より自分の素の感情が、スルッと出てきたんだと思います。
戦友に感謝✨

優しく背中を押してもらいました

いろんなことが、目まぐるしく動き始めている11月。

迷ったり、考えたりしているうちに、
その動きも早まってきて、
ちょっとオーバフロー気味になる危険性を感じていたタイミングで、
優しく背中を押してもらうような出来事がありました。

詳しい事情は書けませんが、感謝の気持ちでいっぱいです。

こんなふうに、いろんな人たちの優しさに触れることで
私自身もどこかで誰かの何かの役に立てるといいな、
そのためにも私も前に進もうと、改めて思わせてもらいました。
ありがとうございます。

そして、今日は蠍座新月🌑

2018年に向かい新たな希望を見出すレベルへ入ることで、
進んでいなかったものごとが進み始め、
完了するものは完了し、再生し、
新たな成長へ向かって上昇を開始するのだとか。
 
その通りですね👊

f:id:sense_of_flora:20171118222138j:plain

 

視点を変えると、全く別モノが見えてくる

気がついたら11月に突入してました😲

散歩で見つけた葉っぱ、くるりと上下ひっくり返して、
緑の葉脈部分をみていると、まるでクリスマスツリーのように見えてきました。

f:id:sense_of_flora:20171105231447j:plain

こんな風に、見方を変えると全く別モノに見えることって
日常生活の中にも多々ありませんか。

この葉っぱみたいに視覚に訴えられるとわかりやすいものも、
感情という目に見えないものだと気がつきにくかったり、
それこそ、ついつい目先のことに気持ちがいってるときは、
思いつかない他の選択肢が、一歩引いてみるだけで、ふと見えたりすることも。

そういえば「だまし絵」というのもあります。
有名なものだと老婆の絵が、見方によって若い女性にも見えるというもの。

自分の頭の中だけだと「こうだ!」思い込んでしまっていることでも、
他者の考えや意見を聞いていて「え、そんなんもアリなんだ、へー!」
みたいにどんどんアイディアが広がっていったり、
別の側面が見えてきたり。

そして、この他者というのは、人間に限ったことではなく、
アニマルコミュニケーションをさせてもらってる動物さんたちであったり、
お散歩中に出会う植物であったりもします。

ここ最近は、そんな新たな化学反応が起こっていくさまに
ワクワクドキドキさせてもらっています。


ハル「そんなん、オレかて日々、ドッキドキや」
とも「え?どんなとき? もしかして私が帰宅したときとか?!」
ハル「ちゃうちゃう」
とも(がっくり)「ほんなら、どんなときなん?」
ハル「そんなん『かわいい』の数がいつもより多いときに決まってるやん😎」
(散歩中、街行く人たちからの「かわいい〜」の声に超敏感なハルさん、
 本当は「かっこいい」と言われたいらしいが。。。)

 

<お問い合わせはこちらからどうぞ>

f:id:ac_bach_diary:20170604233432j:plain


🐾ブログランキング参加中です。バナーをポチッとしていただけると嬉しいです🐾
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

あたまボコボコには「ツボ楊枝くん」

普段、意識して「頭」を触ることがない日々。。。

先日、つづけさまに
「頭ボコボコですよ」
「頭ガッチガチですよ」
と言われることがありました!

どういう状態が「普通」なのか
触り慣れてないのでわからないものの、
確かに、特に後頭部、左右ともに、
左のほうがかなりボコボコしている感じ。

極度の慢性肩こり持ちなので、
首や肩ばかりが気になっていたけど
頭も結構キテるみたい??


ここで登場するのが、
桜みなみで施術してもらったときに教えてもらった、
簡易つぼ押し機、
その名も「ツボ楊枝くん」(勝手に命名)

f:id:sense_of_flora:20171025170743j:image

もちろん、1に温玉、2に温玉は、
言わずもがなですが、温玉で温めた後に、
頭のツボをこれでちょっと押すといいですよ、
とのこと。

早速作って、「ぼんのくぼ」とでも呼ぶのでしょうか、
耳の後ろあたりで押すといい感じ〜😊

疲れ目のときによく自分で押さえていた
眉間(目頭の上あたり)にもいいですよと
聞いてたので、強すぎず弱すぎずの圧で
じーっと押すと、これまた気持ちE〜‼️


ハル「おぃおぃ、麿(まろ)になってるで!」
とも「え゛!」
(鏡を見ると、お公家さんの"殿上眉"状態に!)
ハル(😎)
とも「みなさん、押しすぎにはご注意くださいっ」

 

<お問い合わせはこちらからどうぞ>

f:id:ac_bach_diary:20170604233432j:plain


🐾ブログランキング参加中です。バナーをポチッとしていただけると嬉しいです🐾
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

バッチフラワーコンサル:レメディを飲むのをやめてしまうと、元に戻る?

バッチフラワーのコンサルテーションをさせていただきました。

コンサルのなかで、他にもそんなふうに思われる方が
いらっしゃるんじゃないかなと思うようなご質問を
いただいたので、ご紹介させてください。

f:id:sense_of_flora:20171024200340j:plain

オリジナルブレンドのレメディを選ぶにあたり、
「これは続けたいかも!」
「これは大丈夫かな!!」
と、比較的サクサク選ばれていくうちに、

あるレメディの名前をみながら
「う~ん、どうだろう、大丈夫な気もするけど、
でも。。。このレメディを飲むのをやめてしまうと
またもとに戻ってしまうんですか?😟」
とのご質問。

結論からいうと「NO」

バッチフラワーレメディは
その方の、そのときの感情をもとに選んでいきます。
オリジナルブレンドを飲んでいくうちに
気づいたらその感情が気にならなくなっていたりと
穏やかに作用していくさまは、
よく玉ねぎの皮むきにたとえられます。

ご自身の感情を1枚1枚めくっていくことで、
感情のバランスが整えられていくのです。

そのプロセス自体は不可逆ですが、
めくっていくうちに、
新たな記憶や新たな感情に出会ったとき、
同じレメディが必要となることもあります。

ケースバイケースですが、
長年積み重ねてきている感情や思考など、
時間を要する場合もあるため、
まだ、玉ねぎの皮をめくりきっていないために、
同じレメディが必要だと感じることもあります。

いずれの場合であっても、
以前とまったく同じ自分はどこにも存在していません、
1日1日、1秒1秒、私たちは変化変容していっているのです。

「もうちょっと続けたいな」
「これはもう大丈夫かな」
というご自身の気持ちを素直にそのまま受け止めて
レメディを選んでもらえればと思います。

それでも迷ったときには、
目の前にいるコンサルタントが、
ご自身に選んでいただけるように
そっとお手伝いいたします。

ちなみに、
もしもそのときの自分にあまり必要ではないレメディを
選んだとしても、なんの副作用もないところが、
バッチフラワーレメディのいいところの1つです。

1人の方が疑問に思うことは、
えてして、ほかにも「?」と思う方がいらっしゃるもの。

どんなことでも構わないので、
疑問に思うことがあれば、
ぜひ教えてください。


<お問い合わせはこちらからどうぞ>

f:id:ac_bach_diary:20170604233432j:plain


🐾ブログランキング参加中です。バナーをポチッとしていただけると嬉しいです🐾
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ